審査の緩い消費者金融でブラック破産者でも即日お金を借りられる

ブラックリストと信用情報機関

 

ブラックリストに載ってしまったから金融機関から借入をすることができないという話がありますが、実際にブラックリストという名前の文書や名簿のたぐいが存在するわけではありません。
日本の金融機関は個人の信用情報を収集、管理している3つの信用情報機関のどれかに加盟しています。
金融機関が個人に融資をする際に信用情報機関から提供された個人信用情報を重要視して審査をすることになります。

 

信用情報機関の個人信用情報の中の事故情報や異動情報と呼ばれている情報は金融事故に履歴を記載していますが、この情報をわかりやすくブラックリストと呼んでいます。
事故情報や異動情報に記載されるのは返済延滞や債務整理や自己破産の履歴ですが、一度記載されると長期間削除されることはなく、記載されている期間は審査が通りにくい状態になっていると考えてもいいでしょう。
特に金融機関の中でも銀行や大手の消費者金融などではほぼ審査に通りません。
しかし、金融機関が貸付を行うことはそれぞれの金融機関の裁量によって決められますので、ブラックリストに載っているからといって絶対に融資を受けられないということではありません。大手では難しい状態であっても中小の金融機関であれば融資を受けられることもあります。

ブラックリストの登録状況を確認するには

 

もしかしたら、ブラックリストに登録されているのではないかなどの疑問がある時には信用情報機関にある本人開示制度を利用して信用情報機関に情報開示を求めることができます。
開示された情報に間違いなどがある場合には訂正を求めることも可能です。
信用情報機関に直接出向いて開示を求めることもできますし、郵送などで請求することも可能です。第三者が開示を請求することも可能ではありますが、開示された情報を受け取ることができるのは本人に限られています。
信用情報機関によって、手続きや書類などに若干違いがありますから、実際に本人開示請求をする場合には、それぞれの信用情報機関のインターネットサイトなどで情報を確認してから手続きを行うことが良いでしょう。

過払い請求・自己破産はブラックに載る?

 

過払い請求をするとブラックリストに載ってしまうということが言われています。
実際に2010年以前には過払い請求をすればブラックリストに載ってしまうということが行われていました。
しかし、過払い請求は実際には不要であった利息を取り戻すだけという観点から2010年以降の過払い請求ではブラックリストに載ることはなくまりました。
ただ注意しなければならないのは過払い請求したものの過払い金はない、または債務が減少したもののまだ債務が残った状態で返済を続けなければならないという場合にはブラックリストに債務整理の情報が記載されてしまうことになります。
一方、自己破産をした場合には確実にブラックリストに載ってしまいます。
それぞれの信用情報機関によって削除されるまでの期間には差がありますが、最低5年間はブラックリストに記載されることになります。

何日遅延するとブラックリストに載るのか?

 

返済の遅延行為はブラックリストに載る条件に入っています。
しかし、一日でも返済の遅延をすれば即ブラックリストに載るというわけではありません。
遅延が発生したときに金融機関から電話や郵送で返済の催促があることが普通ですが、その時点でもブラックリストに載ることもありません。
つまり、少しの遅延やうっかりして返済を忘れていたという程度ではブラックリストに載ることはないということです。

 

実際に返済遅延がブラックリストに載る条件は返済日から61日以上または3カ月以上返済が遅れている場合となっていますので、返済遅延が3カ月目に入ると載る可能性があります。